So-net無料ブログ作成
検索選択

これこそ愛だね☆お母さんお父さんが笑ってくれるから♪ [本]

kako-cf2YDJFRT8eL3AOR.jpg

はなちゃんのみそ汁  安武信吾 千恵 はな

 

image110.gifはな、毎朝のみそ汁つくり、がんばってるよ。

   天国のママとの約束だからね。image110.gif

いろいろなメディアで紹介をされ、既にみなさんの目にも届いている

かもしれませんが、本日はこの本のご紹介をさせていただきます。

 

はなちゃんは、今小学校4年生。

乳がんを患った母親・千恵さんと信吾さんの間に

尊い生を受けました40.gif

癌を患っている方や患ったことがある方々は、癌の進行が進むことや

再発の可能性が促進されるため、ほとんどの方が妊娠・出産は諦め

られるそうです。しかし千恵さんは、命をかけてはなちゃんの出産に

臨む決意をされました。その背中を押してくださったのは、実父です。

「死ぬ気で産め」という留めの言葉に産む決意をされました。

021033s.jpg     021033s.jpg      021033s.jpg

千恵さんは、ご自分が先に逝くのだから、残した家族が、

しっかり生きられることが大事と、5歳になる前日から、はなちゃんに

包丁を持たせ、朝ごはんの支度をさせました。

時間もかかり、包丁を持つ手は、危なっかしいところ、手を出さずに

ぐっと我慢をしながら見守り続け、分からないところは、共に考えた

そうです。普通なら待てません。千恵さんの忍耐力には脱帽ですね。

「ママ、お味噌はどのくらいいれたらいいの?」

「自分で味見してごらん」

=文中より =

口を出さない。手を貸さない。「子どもに、何かを教えるとき、

一番大切なことはできるだけ子ども自身に考えさせ、経験させ

簡潔させることなんだよね。」

と夫の信吾さんに言われていたそうです。

021033s.jpg    021033s.jpg    021033s.jpg

肺に転移した癌細胞が一度消えたそうですが、その数年後虚しくも

再発、そこから苦しい闘病生活、その甲斐もなく千恵さんは、安らかに

天国へ召されてしまいます。

 

021033s.jpg     021033s.jpg     021033s.jpg

しかし千恵さんは、はなちゃんに素晴らしい結果を残したと言っても

過言ではないと思います。

 

image3993.gifはなちゃんのママへの手紙から

ママへ

はなはね、ママに伝えたいことがあるんだよ。それはね、お弁当が

全部つくれるようになったこと。びっくりしたでしょ。

中略

人の悪口を言わない。笑顔をわすれない。全部ママが教えてくれたこと。

むずかしいな、いやだな、こまったな、と思ってもなんとかなるもんね。

「きりかえ、きりかえ」ってママが、よく言ってたもんね。

はなは、もう泣かないよ。がんばるよ。

                          安武 はな

illust4075_thumb.gif

taw21.gif信吾さんの思い

若い夫婦がはなちゃんと同い年くらいの子と手をつなぎ歩いていた。

信吾さん家族の1年前の姿を思い起こしながら

・家族と散歩をする

・家族と食事をする

・家族と買い物をする

・家族と昼寝する

そんな、家族と過ごす他愛のない日常の中に、幸せがあるんだと感じた。

はなと目が合った。にこっと笑って、つないだ手を強くにぎりしめてくれた。

021033s.jpg    021033s.jpg    021033s.jpg

テレビ局からのはなちゃんへの取材で

「はなちゃんは、どうしておみそ汁を作っているの?」

と聴かれたことがありました。

さてはなちゃんの答えは

「お母さんとお父さんが笑ってくれるから」

おもちゃよりお菓子より、なによりも素晴らしいご褒美ですね。

 

021033s.jpg    021033s.jpg    021033s.jpg

千恵さんは、お二人に手紙などは、何も残さなかったそうです。

千恵さんは、「どう生きるか」を味噌汁の作り方などの

日常生活の中から教えてくれたと信吾さんは言われます。

そしてブログ「早寝早起き玄米生活」に周りのことや人をどのような

まなざしでみていたかを遺してくれたのだそうです。

021033s.jpg     021033s.jpg    021033s.jpg

千恵さんが亡くなった後からの信吾さんやはなちゃんの様子に

幾筋もの涙が流れました。

命を張って、母親として妻として、人間としての生き様を見せ、

家族への愛をベースにしっかり生き方を遺した千恵さん。

偉大なる女性ですね。そんな千恵さんが真正面から向き合った

はなちゃんがお母さんの意思を小さいながらしっかり受け継いでいる

まさしく千恵さんが生きているんですね。

もちろん千恵さんを支え、はなちゃんとともに今を生きるお父さんの

信吾さんが歩まれた道も壮絶なものであったと思います。

 

021033s.jpg

こんなにも素晴らしい体を張った生きざまを示してくださった千恵さん。

千恵さんの生き方を支え、受け継いだ家族愛の詰まった本

「はなちゃんのみそ汁」をよろしかったらご一読くだいimage110.gif

 

はなちゃんのみそ汁

はなちゃんのみそ汁

  • 作者: 安武信吾・千恵・はな
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/03/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

本日も拙いブログにお越しいただきありがとうございました3;.gif
nice!(153)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 153

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。